無職で無一文に近い状態で、藁も縋る思いで頼ったキャッシング

無職だったとき、貯金を切り崩して生活をしていましたが、貯金が底をついてしまい、明日の生活すらままならない状態でした。

なんとかお金を作らなければと言う思いで、生活費の為に、生きる為に、クレジットカードについていたキャッシングを利用しました。

正直、キャッシングにはあまり良いイメージはありませんでしたが、この時はキャッシング機能があって本当に助かりました。

転職活動に使う書類代や郵送費、交通費も捻出できない状態でしたので、キャッシングしたおかげで転職活動に力をいれることができました。

キャッシングに助けられるとは思いもしませんでした。

しかし、キャッシングで借りたお金は立派な借金なので、責任もって返済をしなければなりません。

借りたものを返すのは当たり前のことなので、これからはキャッシングに頼らず、自活できるようしっかりしないといけないと思い知らされました。

カードを入れ、暗証番号と金額を入力すれば、簡単にお金が引き出せてしまいます。

これがクセになって、あっという間に雪だるま方式に借金が膨れ上がり、返済に困ってしまう人の気持ちがなんとなくわかってしまい、気軽にお金を借りられることは

恐ろしさも持っていることをキャッシングを使ってみて痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です